農園四季ビデオ

四季折々の農園の姿を動画でお楽しみいただけます。

緑と生きる。スタッフ紹介はこちら

樹木を愛するスタッフが、みなさまのご来園をお待ちしています。

雑記帳

ご利用案内

若生植木農園
(運営:株式会社若生商店)
所在地:〒651-1621
兵庫県神戸市北区
淡河町神影字向畑
634-10
電話番号:0797-88-0088
※宝塚本社の番号です。
現地農園の番号ではありませんので、 カーナビには設定しないでください。

見学可能時間:8:30~16:30
最終入園時間:16:00まで
休園日:日曜祝日
入場料:無料
ご予約:不要

この看板が目印です。
配送可能エリアは、大阪、兵庫、京都を中心とした近畿エリアです。

近畿エリア以外への商品のお届けには対応しておりません。 ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

※近畿エリアでも配送できない地域もございます。
予めご了承ください。

<主な配送可能地域>
神戸市・三田市・西宮市・宝塚市・
尼崎市・伊丹市・川西市をはじめと した兵庫県下

池田市・箕面市・豊中市・吹田市・
大阪市をはじめとした大阪府下

京都府およびその他の近畿エリア

若生植木農園の舞台裏をちょっとのぞいてみませんか?

  • 農園の水やり
  • 木の実を探す
  • パワーショベルの親子
  • 木の身体測定
若生農園のオススメサイト

植木販売HOME > 若生農園百景 > 農園の道具たち

百景一覧ページへ

農園の道具たち

スタッフを支える農園の道具たちをご紹介します

スタッフの手際良い作業を

ご紹介するのはこちらの道具!

農園で活躍する手 コトンガ

平べったい刃のついたコトンガという道具は、人間の手のかわりになるとっても便利な道具。どんな風に活躍するのでしょう?

手の感覚で使えて、穴を掘るのが簡単!
小さいスコップより力が入るので、
堅い土も何のその!

出荷に必要な「根巻き」の際にも力を発揮!
ナワが緩まないよう、コトンガの「背」を
使って、トントンとたたくのです。

「掘る」以外にも、こんな風に使えるんですね!

シャベル

ここに注目!シャベルの先端がまるくなっているのです!お店で売っているシャベルと比べてみると…違いが一目瞭然!

買ってきたシャベルの先端を削って丸くしているのです

そのワケは?木の根っこを切るため

木の植え替えをするときは必ず根っこを切りますが、
シャベルの先がとがっていると、力が均等に入らず
すべってうまく切れないそうです。

一方、先が丸いと同じ方向に
力が入るので、

堅い根っこもこの通り!

使いやすいものがなければ形を変えてしまうのも、ひとつの手なんですね

刀の向きが特徴的なこの道具。平べったい刀が右と左で90度角度を変えて付けられています

それぞれの役目は?

  • 土を掘る
  • 根っこを切る

なんと、木を植え替えるときにたくさん行う
「土を掘る」「根っこを切る」という作業がコレ一本でできてしまいます!
刃の向きを変えることで作業の短縮が実現したんですね。

大振りで重いので、使いこなすのは大変ですが、
作業効率をよく考えてつくられた道具です。

農園で活躍する道具、いかがでしたでしょうか?今回はそのほんの一部をご紹介しました

花や木だけではなく、陰で支えるたくさんの道具も、是非見にいらしてください

どうぞお楽しみに

農園百景

農園の道具たち

スタッフの手際良い作業を見ていると、
見慣れない道具がちらほら…
え!?こんな使い方をするの!?
農園のスタッフを助ける、おもしろい道具を
ご紹介します!

ご紹介するのはこちらの道具

コトンガ

穴を掘ったり

手の感覚で使えて、穴を掘るのが簡単!
小さいスコップより力が入るので、堅い土も何のその!

ナワを締めたり

出荷に必要な「根巻き」の際にも力を発揮!
ナワが緩まないよう、コトンガの「背」を使って、トントンとたたくのです。

ギュッとくいこんで

掘る以外にも

シャベル

シャベルの先端が丸くなっているのです!
お店で売っているシャベルと比べてみると…

違いが一目瞭然

買ってきたシャベルの先端を削って丸くしているのです。

木の根っこを切るため

木の植え替えをするときは必ず根っこを切りますが、シャベルの先がとがっていると、力が均等に入らずすべってうまく切れないそうです。

一方、先が丸いと同じ方向に力が入るので、堅い根っこもこの通り!

先が丸いと同じ方向に力が入るので

使いやすいものがなければ

ヤマジ

それぞれの役目は

なんと、木を植え替えるときにたくさん行う「土を掘る」「根っこを切る」という作業がコレ一本でできてしまいます!
刃の向きを変えることで作業の短縮が実現したんですね。

大振りで重いので、使いこなすのは大変ですが、作業効率をよく考えてつくられた道具です。

農園で活躍する道具、いかがでしたでしょうか?
今回は、そのほんの一部をご紹介しました。

農園では、実際にスタッフが使っているところをご覧いただけるかもしれません。

どうぞ楽しみに、散策してみてください。

農園日記へ