植木販売HOME > 雑記帳

雑記帳

全 92 件(全46ページ)過去のページもご覧いただけます ⇒   1 | 2 | 3 | 4 | 5 |   

2021/9/11

ちょこっと ビフォア・アフター プロジェクト

7月6日、着工前

あちこち サビだらけ

普段は 気に留めなかったけれど

こうして写真に撮ると

やはり、建物が可哀そうです。


足場が組まれ、外壁塗装の準備が整いました。

プロジェクト・リーダーは 臼井です。

外壁のカラー選択も 臼井に任せました。


外壁は 明るい茶色、

入口のひさしは 濃い茶色に 塗られました。

足場が取り払われ、さっぱりした姿が現れました。

でも、工事はまだ終わりではありません。

最後の お化粧が残っています。

そう、植栽です。

これも 臼井に一任で、補助は 片岡です。

材料は 若生植木農園にも 

これ1本しかないという 貴重なものも使用しました。

一般の方から見れば 唯の「曲がった ひょろひょろの木」ですが、

判る人が見れば、「喉から手が出そうな木」も あります。

完成写真は 後日の農園日記を ご覧下さい。

2017/7/16

家族の絆 巡り行く日々

家族の絆・・・

2012年11月23日 農園日記に こんなことを書いておりました。


昨日、11月22日は 「いい夫婦の日」だったそうです。

今朝の朝日新聞の 天声人語のコラムに 面白い引用句がありました。

 朝日歌壇番外地 より

「相手選ぶ眼のあるわれと無き妻の 結果が出た五十年目の春」久保小八

 思わず、にこりと 笑ってしまいました。


私の場合は まだ、結婚して30年経っていませんが

それでも、十分に納得してしまいます。


私は あの時、お母さんにプロボーズして 本当によかったと思っているよ。

お母さんは プロポーズを受けて・・・?

その先を聞くのは もう20年経ってからにしようか・・・・


時間を 巻き戻して ずっと過去の日記を 振り返ってみました。

2010年 7月17日 農園日記


私は 子供が好きです。

幼い子供に 笑いかけるのが 何となく 好きです。


幼い子供は ご飯だけで 育つものではありません。

子供は 親の 愛情と笑顔を 食べて育つのです。

小さいときに 愛情や笑顔を たくさん食べて育つと

大きくなった時、他人にも 愛情や 心からの笑顔を

ふりまける人間に育つと 私は 信じています。

2011年11月19日 農園日記


私事で申し訳ありませんが、

今日は 娘の結婚式です。(上の写真は1歳の時の娘です)

とうとう、この日が来ました。

あなたは、お父さんと お母さんの 

笑顔と愛情を たくさん食べて、育ちました。


子供が 生まれたら、今度は あなたの子供に

たくさん、食べさせてあげて下さい。

今のあなたなら、それが どんなに 美味しいものか

よく判っているでしょう。

2013年12月15日 農園日記


12月13日の 朝日新聞の天声人語に 元南アフリカ大統領の言葉として

こんな言葉が 紹介されていました。

「憎むように生まれついた人間などいない。人は憎むことを学ぶのだ・・・

 ならば、愛することも学べるだろう。

 愛は憎しみよりも 自然に人の心に根付くはずだ・・・」

私の娘は 生まれた子供を 本当に 愛おしく見つめています。

孫よ、お前の人生は 今始まった。

おかあさんの愛情と笑顔を たくさん食べて 大きくなりなさい。

お前の おかあさんは 愛することをよく知っている。

お前は 愛されるということを 先ず最初に学びなさい。

あせらなくてもいい、ゆっくりと大きくなりなさい。

そして 大きくなったら 人を愛するということを

知りなさい・・・

そして、今週末に 次女が結婚式を挙げます。

娘よ、幸せになりなさい・・・


そして、妻へ

今日も そこにいるね・・・

明日も そこにいてくれるね・・・

私の妻になってくれて ありがとう・・・

全 92 件(全46ページ)過去のページもご覧いただけます ⇒   1 | 2 | 3 | 4 | 5 |   

農園日記へ