• HOME
  • 若生植木農園ってどんなところ?
  • 園内のご案内
  • 農園百景
  • 農園日記
  • 木々との暮らし
  • 交通アクセス

植木販売HOME > 農園日記

農園日記

全 652 件(全131ページ)過去のページもご覧いただけます ⇒    1 | 2 | 3 | 4 | 5 |   

2013/4/30

宝塚市山本 とんとこ祭り

5月5日は 5年ぶりに とんとこ祭りが 執り行われます。

5年に一度の祭礼で、神輿に 稚児行列も参加します。

先日、その準備がありました。

神輿の鈴を ピカピカに磨き、白布巻きを行います。




本番では 何度も 神輿を持ち上げなければならないので、

頭の上へ 差し上げる練習もします。

今は 御神体は 乗られておられませんが、

以前に担いだことのある人によると

御神体が乗られると、確かに重くなるそうです。




最後に 白丁(白い装束)を着用する講習です。

この紐と この紐を結んで、ここを 前に弛ませて・・・

白い地下足袋を履いて・・・

祭りまで あと4日です。

2013/4/24

形あるものは・・・



先日、私が いつも飲みに行くお店でのことです。

その店には 私専用のグラスが 一つだけあります。



私は いつも このグラスで 

オールドパーの 水割りを飲んでいます。

鶴の模様が カッティングされた繊細なグラスに

少し甘めの ウィスキーの水割り。

至福の時間です。

そのグラスは、店長さんから頂いた 大切なグラスでした。

鶴の模様がとても綺麗で お気に入りのグラスでした。

その日、ふとした弾みで 私の手が当たり グラスを倒してしまいました。

カシャン!!  えっ?・・・・・

一瞬の出来事でした。

ヒビ割れなどと かわいらしい壊れ方ではなく、

繊細なグラスは こなごなに割れてしまいました。

このグラスを下さった、店長さんの目の前で。

形あるものは いつかは壊れると言うけれど、

グラスを割ってしまって ごめんなさい。

でも、割ってしまったのが私で よかったのかもしれないな・・・

それでも、大切なものを失って 深く落ち込む私でした・・・

2013/4/19

昨日までの道、明日からの道

今、若生植木農園では 若いスタッフを 募集しております。

人と めぐり合うということ、その機会は 多くはありません。

そして、その機会で めぐり合える人々も様々です。


出会えて良かった、これから この人と 共に歩みたい。

反対に、この方とは 歩幅が違っているような気がするな・・・

個人、あるいは会社においても、

様々な方々との 出会いがあります。

そして、それぞれの方々の 生きる道も違います。


生きる道、それぞれです。

歩む方向、これも それぞれです。

そして、人生を歩む 歩幅、これこそ 人それぞれです。


違うところはある、でも ある程度は 相手に合わせる。

でも、譲れないところは、やはり 譲れない。

それが、人生です。


でも、合わせるのが至難の、究極の こんな道もあります。
 
歩む道は 同じ、歩む方向も 同じ、そして 歩幅も 同じ。

この道を 歩むのは とても 難しいです。

でも、歩むのは とても楽しいのです。

何故なら、それは 私と妻の 夫婦の道だからです・・・


あなたの 昨日まで歩いてきた道、

そして 明日 歩く道は どんな道ですか・・・

.

2013/4/7

農園スタッフを 募集しています

若生植木農園では この春、若いスタッフを募集しています。

詳しいことは トップページ中央の 採用情報を ご覧下さい。

でも、応募される前に 少し私の話を聞いて下さい。

若生植木農園の仕事は 植木を仕入れ、販売することです。

園芸売店でも 花屋さんでもございません。

植木手入れ専門の庭師さんでもございません。

また、お買い上げ頂いた木々の植え込みは承りますが、

トータルの工事を承る、造園施工業者でもございません。

造園工事業者様は 弊社にとって 大切なお客様です。

農園での 基本的な仕事は

スコップを持って 植木を植えたり、掘り取りし

お客様のところへ 送り出すことです。

秋の紅葉の中でも・・・

冬の寒さの中でも・・・

ホームページでは、四季折々の農園の光景を紹介しています。

でも、綺麗なホームページの 向こうでは

スタッフが 地に足をつけて働いています。

木々を 枯らさないように 掘り取りする・・・

枯れないように 植え込みする・・・

生きているものを これからも生かしてあげる。

お医者さんが 患者さんを治療するのと かわりはありません。


今回の募集は 5年、10年と 農園で正規スタッフとして

働いて下さる仲間を求めています。

経験は 一切不問です。

木々の生態、四季の変化を たった1回見るのに 一年かかります。

それからが、本当の農園スタッフとしての勉強が始まります。

農園百景や 農園日記、雑記帳を ご覧になって下さい。

木々の成長を見守り、

地に足をつけて働くことを 本当に納得される方なら 男女を問いません。

あなたを お待ちしています。

2013/3/31

明日から 4月

今日は 3月31日

明日は もう4月です。

でも、今年は 木々の目覚め、花の開花が

例年より 10日程早いようです。

桜の開花もそうですが、ジューンベリーも もう咲き始めました。

モミジも 新芽が立ち上がってきました。

これは、宝塚の光景ですので、神戸の農園では

一週間遅れで 開花や芽吹きが始まります。

若生植木農園は これから5月中頃まで 美しい娘たちが

次々と花開いてゆきます。

あぁ、明日からは 本当に 4月なんだ・・・

全 652 件(全131ページ)過去のページもご覧いただけます ⇒    1 | 2 | 3 | 4 | 5 |   

農園日記へ