植木販売HOME > 農園日記

農園日記

農園日記

全 865 件(全173ページ)過去のページもご覧いただけます ⇒  1|2|3|4|5|

2022/5/29

鴛 (おしどり) の 結婚記念日

写真は 木彫りの 鴛(おしどり) です。

数年前の正月に 飛騨高山に妻と旅行に行った時に 買って帰りました。

雪の中、立ち寄った 木彫りの工房で見かけて 話を聞くと

「これは ○○の木の彫り物で、今は白いですが 

 時がたつと濃い茶色に変わっていくんですよ。

  時の流れを 感じられる彫り物です」

 と 説明して下さいました。

確かに 買った当時は 全体真っ白な木彫りの鴛でした。

握りこぶし位の 小さな鴛が 

今は 落ち着いた深みのある色に変わっています。

今日は 私と妻の 39年目の結婚記念日です。

私たちは 何色になったんだろう・・・



2022/5/5

思い出は 曲に乗せて 「ラストダンスは私に」

思い出は 曲に乗せて

3曲目は 越路吹雪さんの 「ラストダンスは私に」 です。

「あなたの 好きな人と 踊ってらしていいわ

  優しい微笑みも その方におあげなさい・・・」

岩谷時子さんの 少し艶めかしい歌詞ですが

英語の原曲は こんな内容だったと思います。

足が不自由で 歩くことが ままならない男性が

パーティーに出かけた美しい恋人に こう歌うのです。

「踊っておいで 腕に抱かれ微笑んだっていいんだよ・・・

  でも 君の帰りを待っているのは 

      僕のこの両手なのを忘れないでおくれ」

日本語の歌詞も こう歌っています。

「けれども 私が ここにいることだけ どうぞ忘れないで・・・」

いつも飲みに行くお店で 30年以上聞いている曲です。

さあ帰ろう、待っている人がいる。

2022/5/1

思い出は 曲に乗せて 「糸」

思い出は曲に乗せて。

2曲目は 中島みゆきさんの 「糸」 です。

「なぜ めぐり逢うのかを・・・」 

この曲を 初めて聞いた時、妻のことが思い浮かびました。

妻とは 見合い結婚でした。

「縦の糸は あなた  横の糸は 私・・・」

妻と歩んだ日々が 心に浮かんできます。

 「今日も そこにいるね・・・

   明日も そこにいてくれるね・・・

    私の妻になってくれて ありがとう・・・」

そして、私の心には いつも この言葉が浮かんでくるのです。

2022/4/22

思い出は 曲に乗せて  「走馬燈」

私も もう67歳になりました。

その私にも、学生時代や若き日が もちろんありました。

そんな時代を思い出す曲があります。

数十年前の 私の思い出話をお聞き下さい。

一曲目は アリスの 「走馬燈」 です。
昭和50年、私は 大学3年生 ボート部(漕艇部)に所属しておりました。

その年の夏、合宿費用を捻出するために、

神戸の百貨店の 御中元配送センターで アルバイトをしておりました。

私の仕事は 大型のコピー機で配送伝票をコピーすることでした。

男子10人位が 立ったまま コピーを繰り返します。

同じ部屋で、20人位の女子大生が その伝票整理をされていました。

お昼休み位しか 話しをする機会はありませんでしたが

私は 一学年上の女子大生に 片想いしたのでした。

ラブレターを書き、丁寧な返事も頂きましたが

もちろん返事は 「お友達でいましょう」 でした。

でも、お友達として お酒を飲みに行ったり、ドライブしたりと

暖かく、そして柔らかに接して下さいました。

二十歳過ぎの私にとって とても甘酸っぱい思い出でした。

アリスの 「走馬燈」 が 聞こえてきます。 (YouTubeで 視聴できます)


 「生きてゆくには あまりにも 恋多すぎしと 人の言う

  悔いなき道を歩めども 恋多すぎしと 人の言う・・・」





2022/2/13

フォローし合うライバル

「ライバル」  意味を調べてみると。

「同等もしくはそれ以上の実力を持つ競争相手。好敵手」 とあります。

私は 数日前まで、業界団体の兵庫県支部長を仰せつかっておりました。

4年間務め、年初より 私には思うところがありました。

「もう私の役目は終わっている。私とは違う視点の方と交代しなければ・・・」

支部の方々は もちろん同業者です。

数十年前、亡くなった父が現役の頃は 

同業者の方々は 「商売敵」 という思いも 時にはあったようです。
10年前、私は社長となり、父も2年前に亡くなり 

私の立場は、正しく 「責任は ここが終点」 となりました。

そんな中で 支部の皆さんと交流し 気づいたことは

支部会は 「仲良しクラブ」 ではない。

「フォローし合うライバル」 だということでした。

私の視点での支部長としての役目は もう終わりにしないと

だらだらと続けていては、ただの 「仲良しクラブ」 になってしまうのでは・・・

そこで 副支部長に 支部長交代をお願いし、快諾して頂きました。

「フォローし合うライバル」

明日の兵庫県支部に期待しております。

全 865 件(全173ページ)過去のページもご覧いただけます ⇒  1|2|3|4|5|

農園日記アーカイブ農園日記アーカイブ

農園日記へ