植木販売HOME > 農園日記

農園日記

農園日記

全 820 件(全164ページ)過去のページもご覧いただけます ⇒  1|2|3|4|5|

2019/9/6

社員研修 2019 由志園


二日目の 午前中は 「出雲の國の箱庭」 というコンセプトの

池泉回遊式日本庭園の 「由志園」 です。

小雨の中、さっそく 庭園見学と思いきや・・・

「この苔、いいなぁ・・・」

あのね、庭を見るんじゃなかったの?

そうこうしていると、急に 霧で視界が真っ白に。

もちろん、ミスト(人工の霧) です。

見るというよりは、体感して楽しむ庭です。
 



庭園の あちこちで 霧が発生しています。

映画のセットを 見ているような感覚でした。

次回は 足立美術館です。

2019/9/3

社員研修 2019 石見銀山

今年の社員研修は 9月1日、2日の一泊二日で

島根、鳥取に行ってきました。

初日は 島根県の石見銀山です。

坑道に入る前に お昼ご飯と思ったら、食堂がありません。

近くの売店まで行くと、「カップ焼きそば」 が あって

お湯も 入れて下さるとのこと。


みんなで、「いただきまーーす」。

なかなかに おいしい焼きそばでした。

バスに乗って 銀山の麓に到着です。

ライト付きの ヘルメットをかぶり

ウインドブレーカーに 迷子札? を付けて さあ坑道へ

坑道の中は ライトがないと 何も見えません。

昔の 採掘時には 気温30度以上、

蒸し風呂状態だったそうです。

続きは 次回です。

2019/8/9

他愛のない 男の夢

私が 30代の頃、他愛のない夢を持っておりました。

それは、行きつけのお店を持つこと。

つまり、馴染みの飲み屋さんで ボトルをキープしておくことでした。

知り合いの 行きつけのお店ではなく、

新規に開店したお店で、一桁ナンバーのキープボトルを持つこと。

そんな他愛もないことが 当時の私の夢でした。
今から30年前の今日、その夢が叶えられたのでした。

開店後 まだ10日程しかたっていないお店に 親友と飲みに行き

ボトルをキープしたら、NO.4 でした。

お店は グランドピアノの 生演奏があり

元宝塚歌劇出身の店長さんが シャンソンを歌っておられました。

やったー! これで 私も一人前の男だ。 などと感激したのでした。

30年前の今日。 次女が誕生しました。 ( 今はもう 2児の母親です )

娘の 誕生祝いに、親友の 政岡を誘って行ったお店の名は 

サロンド ・ シーホース

キープしたボトルは オールドパー

そして 30年後の今も

その店で オールドパー を 飲んでいる私です。

2019/8/4

言葉に 出会う

皆さんは 「言葉に 出会う」 という感覚をお持ちでしょうか。

長編の歴史小説を読み終えた。

経営の在り方を ビジネス書で学んだ。

若かりし時代を振り返ってしまう、恋愛小説を見つけた。

そんな意味では ありません。

長編の文章を 読んで、

心に残った・・・ 、 感動した・・・  ではなく

新聞や 小冊子に 目を通していて

時事に関する話題ではなく、内容も まだ読んでいないのに

ほんの 1行、2行の言葉に 目が止まってしまう。

そんな感覚です。

7月30日の 朝日新聞 朝刊の 「折々のことば」 という コラムに

こんな言葉が載っておりました。

「正義の人」 より 「ただの人」 たれ

そして 今日 8月4日の 朝日新聞 朝刊の リライフのページには

こんな言葉が載っておりました。

「口より実行」 心に担任の教え

 

聞くところによると、私の娘は

まだ言葉も ほとんど話せない孫が いたずらしていると、

「そんなことをしたら だめでしょ!」

「お母さんの目を 見なさい」

「反省しなさい」 と 叱っているそうです。

その時は、 「孫に 反省て通じるの?」 と 笑ってしまいましたが、

私も 言葉に出会った時、

時折 こう言われているような 気がするのです。

「私の 目を見なさい。  反省しなさい・・・」





2019/6/15

人は見た目が・・・

「人は見た目が9割・・・」 などという言葉があります。

こう言うと、「そんなことはない 人間は中身だよ」 という声も聞こえてきます。

私の職業は 植木屋さんですので、仕事中は もちろん作業着です。

靴は 土埃のついたスニーカーです。

本社事務所の外で 一人で 水かけや草引きをしていると

様々な職種の方が 営業で立ち寄られ、私に声をかけられます。

 「こんにちは、社長様はおいででしょうか」

たいてい、私が 「すみません、今 誰も いませんが」 と お答えすると

「そうですか、また改めて伺います」 と 振り向かずに 去って行かれます。
もう20年くらい前のことです。

関東方面に 仕入れに行った時のことです。

一日、植木畑を周りますので、服装は ジーパンにスニーカーです。

鞄の中に 着替えのジャケットや靴は入っていたのですが、

着替えずに そのままホテルへ

「今夜、シングル1室 空いてますか」

「申し訳ございません、本日は満室でございます。」

仕方なく、先程まで案内していただいた仕入先の方に

「〇〇さん、今夜泊まれるホテル どこか無いですか」 と 電話すると

折り返し、「XXホテルが 空いてるって、行ってみたら」 と 電話が・・・

それって、今 満室ですと言われたホテルですけど・・・
私は 植木屋さんです。

スーツに 高級乗用車では 見えない世界が

作業服で 軽トラでは 見えてくる世界もあります。

「明るい場所にいる人は、暗いところにいる人が見えない」 という言葉が

何かの本に書いてありました。

全 820 件(全164ページ)過去のページもご覧いただけます ⇒  1|2|3|4|5|

農園日記へ