2009/1/4

夢守り

今日、妻と 奈良 斑鳩へ 行って来ました。


昨年の秋にも 行きました。

その時、法輪寺様で いただいた お守り、夢まもり。

夢をかなえる お守り。

とても、心に 響きましたので、その時の お守りは

ご両親が、ベトナム出身で、プロのシンガーを目指している、

ヒエン という女の子に 差し上げました。


今日、また 夢守りを いただいてきました。

こう書くと、どんな夢の為ですかという 声が聞こえてきそうですが、

私個人の 夢ではありません。


若生植木農園の スタッフ達、結婚し 子供もいるスタッフ、

これから、結婚し 子供達に 恵まれるスタッフ。

私は、妻と そして子供達と 初詣に行きました。


若いスタッフ達が、それぞれ、初詣に行き

明日の、夢を 祈ることができる。

これに勝る、夢はありません。


たった、4人のスタッフ達、

でも、それぞれが、若生植木農園そのものです。

植木農園の娘たち、彼女達も 主役です。

でも。彼女達を 送り出す父親、4人のスタッフ達。

彼らなくしては、嫁いで行けません。


若生植木農園、植木が たくさん植わっている、

そんな事が、存在している価値ではありません。


農園の娘達の明日、お客様の庭に嫁いで行った明日、

そして、明日も この仕事を誇りを持ってできる自分達の明日。

その気持ちを 明日も 持ち続けられるスタッフ達がいることこそが

一番、大事なのです。


お客様、一人ひとりが、スタッフにとって 夢をかなえる一歩です。


 夢


今の時代 忘れられそうな言葉、

でも、決して なくしてはならない言葉。


今年も、どうぞ 宜しくお願い致します。

close